キャッシングの審査に通る為に最低限必要な条件

キャッシングを利用する際に誰もが懸念することが、審査に通るのかということです。
審査は落ちてしまうと信用情報に記録が残ります。審査に落ちたことがあるという記録は、次回の審査に不利に働きます。3社続けて落ちてしまった場合は半年間はどこに申し込んでも審査には通過しません。
この記録は半年間残るので記録が消されてから再度申し込むことが大切です。
では、なぜ3社続けて審査に落ちると記録が消えるまで審査に落ち続けるのでしょうか。
これは金融機関側の立場に立って考えればわかります。審査基準に達していないということは、経済力や信用性に問題があるということです。
そういった人物が複数の金融機関に申し込んで、続けて落ちているということがわかれば返済能力が無い人物が金策に走っていると考えられます。
そういった人物にお金を貸すことは大きなリスクが生じます。
消費者金融は銀行よりも審査基準は低いですが、極端に高いリスクを負うことは避けます。
リスクをカバーする為に金利を高く設定していても、明らかに返済出来ない人物には利用して欲しくないと考えています。
この様な事態に陥らないように、事前に審査に通る為の条件を知っておくことが大切です。
消費者金融は基本的に年収の基準を設けていないか、設けていても50万円程度です。
アルバイトであっても勤続年数が1年以上であれば借りられるのはこれが理由です。
つまり、アルバイトでもしてさえいれば多くの人が審査に通過します。
では、そんな基準が低い消費者金融の審査にすら落ちてしまう人は、一体どの部分が基準に満たなかったのでしょうか。
考えられる原因は多く存在します。
まず、既に他社からお金を借りていたということが考えられます。

総量規制により、年収の3分の1以上の借り入れは法律で禁止されています。
既に総量規制に近い金額を借りいている場合は、新たに借り入れは出来ません。
また、規制値に達していなくても余裕を持って利用限度額を設定するので、最低でも30万円程度の余裕が無ければ利用出来ません。
次に考えられる原因は勤続年数が短いことです。
転職してすぐに申し込んだ場合は勤続年数が短くなります。
返済能力は年収と勤続年数の両方が充実していて初めて返済能力が認められます。
勤続年数が短いということは収入が不安定と考えられます。次に信用情報により審査に落ちる場合です。
これは過去に借金を滞納していたり、債務整理の経験がある場合はその記録が抹消されるまで新たな借り入れが出来ないというものです。
滞納は半年で記録が消えますが、独自にブラックリストを作られていた場合は記録は消えません。
また、債務整理をしている場合は5年から10年間記録されるので、その間は一切借り入れは出来ません。
これは信用が無いから利用出来ないということであり、法律的には債務整理の経験があっても利用できます。
しかし、債務整理の記録がある人物にお金を貸す業者はヤミ金業者ぐらいです。


inserted by FC2 system